今注目されているレンタルスペースの使い方

こんなにある!レンタルスペースの使い方

アイドル・ビジネスの広がり

レンタルスペースといいましてもいろいろあるようで、昔からある会議場や式場などのように、もともとそのために作られたものもあれば、別の目的で作られたものを空いた空間として貸し出すものもあるようです。また、用途別でも、店舗として使われたり、倉庫として使われたり様々で、借り手の工夫次第といったところです。
具体的な内容を調べてみようと検索をしてみますと、その仲介をするマッチング業者の多さに驚きます。
これは、まだ新しい事業モデルで淘汰される前の段階だと思われますので、複数を調べたり、契約内容などをしっかりと確認することが大切といえるでしょう。

一番の特徴は、手軽さにあるようです。
従来の賃貸という契約であれば、敷金、礼金、預かり金、保証人などが必要となり、時間もお金もかかります。
レンタルスペースを利用するための契約は、この点が大幅に削減され、貸す側もインターネットを使うことで掲載料無料、成約時のみに料金が発生する、などの有利な条件がそろっており、たとえば、取り壊しの決まったビルを期間限定で貸すなど、従来なら換金しづらかった資産運用をローコストで宣伝することが可能になるなど、貸す側にも参入しやすい要素が見られます。
貸し手と借り手の条件が合えば、どこまでも可能性が広がるアイデア次第のビジネスといえ、条件を絞って検索をかけることで想像もしていなかったサービスに出会える可能性も含まれています。

そのなかで、空間を提供するというレンタルスペースに絞って、もう少し詳しく見ていきましょう。

レンタルスペースの多様化

アイドル(idle=使用されていない状態)を利用したビジネスが注目され始めてからかなりの年月が経ちます。 大きな流れとして紹介されたのは、エアビーアンドビーやウーバでしょうか。 そこへシェアリングという概念が浸透され、人、物、空間、時間などで、空いているものを活用するビジネスが多く生まれました。

コスト削減への強い味方

オフィスコストの削減により、社内に会議室を持たない企業も現れているようで、レンタルスペースの需要は増えているようです。 カラオケボックスでの会議室利用など、テレビでも報道されるようになっています。今、注目されるレンタルスペースにはどのようなものがあるのでしょう。

収納スペースをレンタルする

レンタルスペースの中でも、収納に特化した、トランクルームと呼ばれるものも充実してきているようです。 「断捨離」というのが流行りましたが、捨てられず、しかも場所をとるといったものがある人への救いの手でしょうか。 次に、トランクルームについてみてみましょう。

PAGE TOP